ニューモキャッチ 医療関係の方へ

  • ホーム
  • 医療関係の方へ
  • 主任研究者ごあいさつ
  • 本研究にご参加
Whats New!
2017.10.17
進捗状況を更新しました。
2017.10.17
研究計画書(別紙)本研究に賛同する全国の医療機関に属する医師の一覧を更新しました。
2017.06.30
医療機関・研究者の登録および菌株の登録にWEB調査システムメンテナンスのお知らせを掲載しました。
2017.06.26
進捗状況を更新しました。
2017.06.26
研究計画書(別紙)本研究に賛同する全国の医療機関に属する医師の一覧を更新しました。
2017.05.30
「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の本年5月30日改正に伴い、各種文書を改訂しました。
詳細はこちらよりご確認ください。
2017.05.29
進捗状況を更新しました。
2017.04.28
本研究にご参加の先生方へ 研究成果ページを更新しました。
(2017年3月22日時点での集積データ)
2017.04.25
GW期間中の運用スケジュールを掲載いたしました。
2017.04.17
進捗状況を更新しました。
2016.12.02
年末年始のスケジュールを掲載いたしました。
2016.11.22
進捗状況を更新しました。
2016.05.26
本研究にご参加の先生方へ 研究成果ページを更新しました。(2016年4月19日時点での集積データ)
2016.05.23
進捗状況を更新しました。
2016.04.12
GW期間中の運用スケジュールを掲載いたしました。
2016.02.05
当該研究に関する論文がオープンアクセスできるようになりました。
2015.12.22
当該研究に関する論文がパブリッシュされました。自由にダウンロードいただけるように準備中ですので、しばらくお待ちください。
2015.12.04
医療機関・研究者の登録および菌株の登録にWEB調査システムメンテナンスのお知らせを掲載しました。
2015.12.01
年末年始のスケジュールを掲載いたしました。
2015.10.27
血清型測定項目及び測定頻度変更に伴い研究計画書が改定されました。>>>お知らせはこちら
2015.09.02
シルバーウィーク期間中のスケジュールを掲載いたしました。
2015.04.30
本研究にご参加の先生方へ 研究成果ページを更新しました。(2015年2月17日時点での集積データ)
2015.04.20
GW期間中のスケジュールを掲載いたしました。
2014.12.10
研究期間が3年延長となり、研究計画書を改定しました。
2014.10.27
本研究にご参加の先生方へ 研究成果ページを更新しました。(2014年9月8日時点での集積データ)
2014.04.23
本研究にご参加の先生方へ 研究成果ページを更新しました。(2014年2月20日時点での集積データ)
2014.03.26
2014年4月1日より測定機関の社名が変更になります。
2013.12.12
年末年始のスケジュールを掲載いたしました。
2013.10.28
本研究にご参加の先生方へ 研究成果ページを更新しました。(2013年9月12日時点での集積データ)
2013.07.03
研究計画書見直しに伴い、WEBサイトの内容を見直しました。
2013.07.02
研究計画書が改定されました。>>>お知らせはこちら
2012.11.26
年末年始のスケジュールを掲載いたしました。
2012.11.01
保護者向け予診票を掲載しました。診察時の参考情報としてご利用ください。
2012.06.18
関連文書(同意説明文書)とFAQ(同意)を更新しました。
2012.04.06
WEB調査システム利用の主な流れを更新しました。
(測定結果のご報告詳細調査データダウンロードについて等掲載)
2012.04.04
研究成果の投稿・発表について、GWの研究業務について、を掲載しました。
研究スケジュールと進捗状況に進捗状況を掲載しました。
2012.01.10
参考情報を掲載しました。
2012.01.05
医療機関および研究者の登録、菌株の登録を開始しました。
2011.12.14
サイトを公開しました。

リーフレットPDF

測定機関の社名変更について

研究概要
目的 本邦におけるPCV7導入後の肺炎球菌莢膜血清型の推移を明らかにして、
今後の予防戦略に役立てる。
目標症例数 1,600例
菌株登録基準 侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)、肺炎、急性中耳炎と診断された患児から採取された検体から肺炎球菌株が同定され、保存されている菌株。
対象
疾患名   年齢   検体採取部位
侵襲性肺炎球菌感染症
(IPD)*
  2ヶ月以上16歳未満   無菌部位検体
(髄液・血液・組織液など)
肺炎   2ヶ月以上5歳未満   咳嗽誘発・喀痰採取法等に
より採取した喀痰
急性中耳炎   2ヶ月以上5歳未満   鼓膜切開により
採取できた検体
* 細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、関節炎、腹膜炎でも登録できます。
測定項目

①肺炎球菌莢膜血清型  (1,2,3,4,5,6A,6B,6C,6D,7F,8,9N,9V,10A,11A,12F,14,15A,15B/C,15F,  17F,18C,19A,19F,20,22F,23F,33F)全28種

(改訂後)
*2015年11月測定分より、測定項目が変更となりました。
①肺炎球菌莢膜血清型
 (1,3,6A,6B,6C,6D,7C,7F,9V,10A,11A,12F,14,15A,15B/C,18C,
19A,19F,20,22F,23A,23F,24B,24F,34,33F,35B,37,38)全29種
測定から外す血清型:「2,4,5,8,9N,15F,17F」
追加する血清型:「7C,23A,24B,24F,34,35B,37,38」

②薬剤感受性
 (PCG、CTX、EM、MEPM、LVFX)
③肺炎球菌株のMLST(Multilocus sequence typing)*

*MLST解析は一部の菌株を対象に実施いたします。

期待される
アウトカム
PCV7導入後のIPDにおける肺炎球菌莢膜血清型推移
肺炎球菌感染症患児からの分離菌の薬剤感受性の変化
本邦におけるbreakthrough infection, vaccine failureの状況
研究方法 ①医療機関・研究者等の登録(初回登録時のみ)
②専用WEB調査システムで菌株を登録
③検査資材の受領(数日後に事務局より送付)
④検体発送準備後、検査会社へ連絡、検体の引き渡し
⑤専用WEB調査システムで測定結果の確認(E-mailにて通知)
調査期間 2012年1月から2017年12月末(予定)*調査期間が3年延長されました!
測定結果 測定完了後、担当研究者に連絡します。
測定結果は専用WEB調査システムで確認できます。
主任研究者 独立行政法人国立病院機構三重病院 院長 藤澤 隆夫
研究事務局 ニューモキャッチ研究事務局(株式会社CTD)
TEL:03-6228-4881
E-mail:
ページトップ